定期預金について(あおぞら銀行、オリックス銀行)

資産形成を行う上で、”攻めの余裕資金”と”守りの余裕資金”に

分けることが重要だと思う。

 

攻めの資金投入、これは言うまでもなく株式投資

積み立てや投信もあるが、

自分にとって一番わかりやすいのが、株式投資

 

ただ、世界情勢は刻々と変化し、主流業界も変わっていくので

長期間株式を持っていることはリスクが伴う。

 

かくいう私は5年ごとに銘柄変更を行い

自分の考えるポートフォリオを検討しながら

資産再構成と追加投資を行うスタンス。

 

守りの余裕資金は、単純だが、定期預金ということになる。

 

今現在或る資金も、すべて株式に投資するわけにもいかず

毎年少しずつ、暴落時に積み立てる格好としたいが

余裕資金をどこに預けるかも重要。

1000万円あれば、その定期利息で2万弱ぐらいにもなる。

あなどってはいけない。

 

22年明けて新しくあおぞら銀行オリックス銀行の講座を開設した。

ここで余裕資金を保管し、来るべき暴落に備えるわけだ。

 

2022年から定年までの間、毎年500万円を

株式投資として追加投資するスタンスを貫こうと思う。

 

500万以上の余裕資金がある場合

それは差分は生活の質改善のために

使っていきたいと思う。

 

さぁ、私の投資スタンスが正しいと証明されるのは

何年後であろうか。

 

P.S

本日はずっと行きたかった駅近の高級焼き肉屋に行った。

市から支給された振興券を活用して、実費はほぼ0円。

久々におしゃれな焼き肉屋で、おいしい肉を堪能できた。

ただ、肉の量と質に関していえば、気持ち少し値段が張るのかな

という感想だ

がむしゃら

小学校のときに母親に「がむしゃらになりなさい」と言われたことを

つい最近思い出した。

 

何分飽きやすいタイプの人間であった。

厳しめに言うと、何か真剣に物事に取り組んだことがなかったと思う。

親も耐えかねていったのだと思う。

 

がむしゃらの意味すらもわからず、

意味をまず教えてもらったと思う。

 

その後、母親の期待通りに

中学校からは勉強に明け暮れた記憶がある。

それは、自分の人生の変化点である。

 

もともと頭がいいタイプの人間ではない為

努力、かつ時間で補う必要があったが

息子はそうならないことを祈るばかりだ。

 

2022年寅年

今年の抱負は”がむしゃらに行こう”だ

 

平日から休日まで真剣勝負。

遊びも仕事も。

 

時間は待ってくれない。

これぐらいやらないと

今は乗り切れないのでは

と強く感じる。

 

正直忙しいことは全く好きではないし

若干寿命が縮むと想像するが

人生をより良いものにするためには

がむしゃらさが必要なのでは?

と30年前に母親に言われたことを

もう一度愚直に実行するタイミングなのかもしれない。

 

京都帰省2022

新年あけましておめでとうございます。

 

ブログの更新頻度は春先で毎日⇒週1に変更となりましたが

無事1年間のブログを継続することができました。

 

昨年の目標については、自分の弱さ故か

大部分が変更、未達成となりましたが

一部は無事達成しました。

 

これもひとえに自分の周りにあられる仲間や同僚のおかげと思います。

 

昨年末は京都の実家に訪問しました。21年と同じです。

 

コロナの影響も収まっているので、京都の町、寺院にも赴き

22年は厄年ではあるものの運がいい年になることは間違いないと思います。

 

嫌なこともあると思いますが、

くじけず、めげず、くさらず

愚直に頑張ろうと思います。

 

また、金融知識をつけて、今年も追加で投資を行い

年間配当金を70万円ほどにUPさせることを

ここに誓いたいと思います。

こちらも焦らず、市場と株価を見極めて

絶好の機会を確実に掴むことを

ここに誓います

 

 

 

<年末年始の覚え>

・義父とのゴルフ練習

・旧友との神戸観光

・墓参りからの東洋亭

・親族集まりとご挨拶、初詣

ニトリ買い物

京都市内観光とおまえり

大掃除2021

今日は今年最後の日曜日!

朝から雪が降るほど寒い日だったが

子供は元気にサッカー。

こんな寒いのに2時間半も練習するなんて

すごい子だと思う。

 

そして、我が家の初めての大掃除を実施。

 

我が家の”おおもの”は2階のベランダの床掃除。

ホースがないため、ペットボトルに水を入れて

マニュアルな掃除。

 

毎日使っているため、多数の髪の毛と埃

適度に掃除をしてない為か

大掃除のタイミングに後悔するのは

毎年のこと。

 

各窓の底部を水拭きし、敷地内の雑草取り、を行い今日の大掃除が終了。

 

今年のトリの日記ということで感想です!

 

憂鬱に始まり、気持ちが定まらない中

環境も変わり、、少しは周りに合わせながら

そして努力を練り、新しい風を起こそうと。

達観した気持ちは今後も揺るがないと思う

そんな気持ちの変化が大きい年でした。

 

来年も家族と楽しく、仕事に頑張り、達観しながら

健康に生きていこうと思います。

1年も終わろうとしてます

1月から憂鬱の日々、4月からの出向と新生活、新業務に追われる毎日

終わってみれば、大変だったが勉強になることがおおいなぁと

しみじみと感じる。

 

来年からは、更に心機一転、自分の価値を高めるよう

そして、チャレンジを通して自分の視点をあげれるような

鍛錬を繰り返していきたいと思う。

 

残念ながら自分が年始に立てた目標、

FP3級は取れなかったが(試験も受けてない)

着実に資産を増やすことができている。

 

今年の資産増加はおよそ300万円

自分のバイクや子供の矯正など、予定外の支出があったわけだが

うまく行ったと思う。

 

来年は+400万を目指して、日々無駄なお金を使わないように

仙人のような生活をしていきたい。

 

仕事人生が終わった後の未来予想図

頭の中に、解決できないモヤモヤがある。

 

日々の仕事や、それに伴うストレスの対処方法、

そしてお金の心配、お金の使い方、土日の使い方、

日々、家族と過ごしているが、もっと楽しい過ごし方はないものかと。

 

何事も心配性な私は、人生の計画を常にシミュレーションしており

お金の心配は、大病を患わない限り、限りなく低いと考えている。

子育ても、あと10年間ぐらいだが、まぁ色々なことがあるだろう。

勉強やスポーツだけではなく、恋愛や友達関係

彼は多感な時期に様々な体験をすることになると思うが

大きく道を反れないで歩いていくと想像している。

 

子育てはいろいろ楽しい。

時には妻とぶつかることもあるが、それは

子供を一人前に育てたいという気持ちがベースにあり

手法が違うだけ。

だが、それが終わった後の、虚無感を想像すると切ないものだ。

 

子育て、そして、仕事人生が終わった後、

ないしは、早期退職を願いフリーになったとして、

私にはやりたいことがあるのか?

未来予想図に手を付けれているのか?

 

そして、そのやりたいことは、思い立ったら吉日で

実行に移せるのか?

 

何かしらの準備が必要であれば、

早めにかじった方がいいのでは?

人生の目標とは?情熱とは?

 

相当な変わり者である私が、果たして

上手くやっていけるのであろうか?

 

何か共通目標がある部類に仲間に入って行動したほうが

人生楽しいのではないか?

中学校のときの塾のように。

 

リタイア後、年よりの夢を作る応援団体みたいなのを作るのもいいかもなぁ。。。

共済部

大学時代の友人が我が家に訪問した。

 

私は友人宅へは何度も行ったことが、一度もお呼びしたことがないので

折角なので新居を見てもらいつつ、親交を深めようということで

わざわざ豊橋から来ていただいた。

 

前回あったのは、19年の夏@東京。

 

しばらく会ってなかったわけだが

お互い代わり映えもせず、

少しだけ髪の毛が薄くなった程度か。

 

わが町で散策をしながら、のみとラーメンで締めた。

 

みんな人生いろいろ。苦労や悩みも色々。

 

また今度は我が家に泊まって頂き

人生話を咲かせたい。